薬剤師 パートの求人探しで失敗しない方法

薬剤師 パートの求人は紹介してもらう時代!転職サイトはパートでも利用できます!

薬剤師 パートの求人探しで失敗しない方法
トップページ薬剤師 パート 転職 > 薬剤師 パートのデメリット

薬剤師 パートのデメリット

薬剤師 イメージ薬剤師がパートで働く上でデメリットは何だと思いますか?パートタイムで働く薬剤師は、気軽で、自分の都合の良い時に働けてメリットばかりのようでも、いくつかデメリットがあります。

パートで雇われている薬剤師は、あくまでも非正規雇用であり、経営サイドから見れば、正社員では回らない所の補助的な人員として雇われていると認識しましょう。

売り上げが落ちたり、処方箋の枚数が減れば、正社員よりも先にパートタイマーを含む非正規雇用の人員を整理することになります。解雇されるのは最終手段ですが、時給を減らされたり、勤務時間や日数が減る、時給は上がらないのに仕事が増える、、、などの措置が考えられます。そこを恐れていてはパートでは働けないので、もしそうなったら割り切って次の職場を探す方が賢明だと思います。

薬剤師を取り巻く環境の変化とパートタイマーの存在価値

近い将来、ずっと不足気味だった薬剤師の数が、六年制の影響から増加傾向が顕著ですから、売り手市場だったのが、雇う側の買い手市場に逆転していくと考えられています。ただ、企業が全ての仕事を正社員の薬剤師で賄うことは考えられませんので、パートタイムの仕事が無くなることはありません。

将来のキャリアを臨むのであれば、正社員がベターでしょうが、資格を活かして高時給で働けるパートのメリットを活かすのも、有効な選択肢だと思います。

また、雇用保険や社会保険に加入したい方は、面接の前に条件を聞いておきましょう。企業側にとって社会保険は負担になりますから、勤務時間や日数に条件を設けてるところも多いです。働き始めてからでは遅いので、予め確認しておきましょう。福利厚生とは別ですが、ボーナス・退職金は無いと思っておいた方がいいでしょう。

もう一つ、企業や病院や調剤薬局に勤務するなら、パートは責任ある仕事は任せられないこともあります。ですから、仕事が単調になったり、制限されることも想定しておきましょう。

スポンサーリンク

人気記事コンテンツ

  • 時給の相場
    薬剤師はパートでも一般の仕事より遥かに時給は高いです。全国的に2,000円前後が薬剤師 パートの時給...
  • 薬剤師 パートの求人探しで失敗しない方法
    薬剤師のパート勤務の求人探しで失敗しない方法を紹介!薬剤師として働きながらでも...
  • 薬剤師 パートの社会保険
    パートタイムで薬剤師をしている人にとって、社会保険(厚生年金・健康保険)に加入するか否かは、切...
  • 薬剤師 パートのデメリット
    薬剤師がパートで働く上でデメリットは何だと思いますか?パートタイムで働く薬剤師は、気軽で、自分...
  • 薬剤師転職ドットコム薬剤師転職ドットコム
    薬剤師転職ドットコムは、株式会社メディウェルというアインファーマシーズのグループ企業が運営する...
メニュー
インフォメーション