薬剤師 パートの求人探しで失敗しない方法

薬剤師 パートの求人は紹介してもらう時代!転職サイトはパートでも利用できます!

薬剤師 パートの求人探しで失敗しない方法
トップページ薬剤師 パート 転職 > 薬剤師の転職回数の捉え方

薬剤師の転職回数の捉え方

厚生労働省が毎年行っている、労働統計調査の平成24年度版で、薬剤師の平均勤続年数では、20代では約3年、30代では約7年とあります。

つまり、20代では3年に1度、30代では7年に1度の割合で転職または休職していることになります。30代の場合は結婚や出産をきっかけに退職または休職するケースが多く、転職よりもパート・アルバイトでの復職が該当します。自分に合った職場やキャリア形成のために前向きな転職を行うことは望ましいことですが、一般的に転職の回数が不自然に多いような履歴は客観的に好ましくありません。

では、薬剤師の転職回数は一般的にどのような捉え方をされるのでしょうか。

薬剤師の転職はその理由が大切です。

基本的な採用基準として、転職回数が3回以上の場合では相手を納得させられる筋立ったストーリーがない限りは疑問を持たれる場合がほとんどです。ただ、結婚した相手の転勤によって勤務先を変えざるを得ない場合は男女関係なく正当な理由として問題はありません。ただ「人間関係の悩み」や「自分のしたい仕事が出来ない」など、個人的な不満を理由にするのはおすすめできません。

逆に「収入面の不満」は仕事に対する意欲に直結した理由となる場合がありますので、自分がいかにその職場で役立てるのか、今までのどういった経験を生かして即戦力になれるのかなどをアピールするといいでしょう。また、すでに転職の回数が多い場合も諦めずに相手を納得させる説明力を発揮すれば、熱意が伝わり採用に至るケースも少なくありません。

まとめとして、転職回数は多ければ多いほど、ネガティブな捉え方をされやすい傾向にあります。

まず、自分の不満が現職場では解決できないことなのかをよく見極めながら、それでも転職する場合は入念なリサーチを行うことが重要です。また、個人で調べるには限界がありますので、薬剤師専門の人材紹介会社などに転職の相談をしながら、自分の希望にあった求人を探してもらうのも一つの方法です。

スポンサーリンク

人気記事コンテンツ

  • 時給の相場
    薬剤師はパートでも一般の仕事より遥かに時給は高いです。全国的に2,000円前後が薬剤師 パートの時給...
  • 薬剤師 パートの求人探しで失敗しない方法
    薬剤師のパート勤務の求人探しで失敗しない方法を紹介!薬剤師として働きながらでも...
  • 薬剤師 パートの社会保険
    パートタイムで薬剤師をしている人にとって、社会保険(厚生年金・健康保険)に加入するか否かは、切...
  • 薬剤師 パートのデメリット
    薬剤師がパートで働く上でデメリットは何だと思いますか?パートタイムで働く薬剤師は、気軽で、自分...
  • 薬剤師転職ドットコム薬剤師転職ドットコム
    薬剤師転職ドットコムは、株式会社メディウェルというアインファーマシーズのグループ企業が運営する...
メニュー
インフォメーション